<スポンサードリンク>

2011年03月20日

崖の上のポニョを観て

わたしのともだちは崖の上のポニョを観て作品の素材もさる事ながら争いや対立、苦悩を題材に持たないほのぼのとしたお話がとてもいいと絶賛していました。
崖の上のポニョでは演出だけでなく観る方の幼少期の原体験や思い出により感じる分がけっこう違う部分が出てくるのではないかなと思いました。
育児をしている人ならば、ボニョの成長する姿を見て、自分の子どもの成長の過程を懐かしく思うかもしれません。また、仕事をお持ちの方ならリサの気持ちのあり様に共感をする人もいるでしょうし・・・

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

また、この崖の上のポニョはストーリーの起承転結が明確になっていません。
それもそのはず宮崎駿監督は「ルールが何にも分からなくても分かる映画を作ろうと思った」「順番通り描いてくと、とても収まらないから思い切ってすっ飛ばした」
というコメントを後に残しているくらいですからね。崖の上のポニョを見終わったあとの不思議な感覚はこれだったのかもしれませんね。

・・・・





<スポンサードリンク>

同じカテゴリー(映画)の記事
 崖の上のポニョ、に関しての感想 (2011-03-20 05:31)
 宮崎駿監督作品の「崖の上のポニョ」 (2011-03-20 05:28)

Posted by rossogenroq at 05:30 │映画